PictBearを使って、画像の一部だけカラーにする。


c0040757_943175.jpgココナッツ・ジュースに挿したお花だけカラーにしてみました。
PictBearを使えば簡単にできますよ。


c0040757_9451062.jpg用意するのは、普通にカラーで写した画像

c0040757_9455582.jpgと、同じ写真を白黒に変えたもの。





※私は一番慣れているJtrimの[グレースケール変換]を使って白黒にしました。
  ここで、セピアにもできます。
c0040757_13343939.jpg

もちろん白黒にさえなれば、他のソフトでもOKです。


PictBearを使って、画像の一部だけカラーにする法

PictBearに、白黒画像をアップし、
c0040757_1334985.jpg



②次にカラー画像を重ねます。
c0040757_13365740.jpg



③面倒なので、ここでは[選択範囲]の「すべて選択」でやってみます。画像が点線で囲まれましたね。次に[編集]の、「コピー」をクリック。
c0040757_13383067.jpg



④下の画像を出し、[編集]の「貼り付け」をクリック。
 ここで[選択範囲]の「選択範囲の解除」をしてもかまいません。
c0040757_13404192.jpg



⑤カラーで残したい部分を除いて、消しゴムで消すと、下の白黒が出てきます。消しゴムの大きさは、ブラシの大きさと比例しますので、調節してください。
※写真は消しゴム使用中です。
c0040757_1344344.jpg



⑥気に入った画像になったら、[レイヤー]の「レイヤーを統合」して、完成です。

※カラーを下にして、白黒を上にし、カラーにしたい部分だけ消しゴムで消しても同じです。

※白黒の代わりに、セピアカラーとカラー、セピアと白黒の組み合わせも面白いと思います。あとはご自分のアイディアでアレンジしてみて下さいね!
[PR]
by charm55 | 2006-05-16 09:54 | PictBearで合成・加工
<< PictBearの「レイヤーの... エキサイトブログのコメント欄に... >>