<   2006年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧
ヤギの写真
 ヤギの写真(タイ) 


 白ヤギ
c0040757_11382645.jpg




 黒ヤギ
c0040757_11401894.jpg




 黒ヤギのおじさん
c0040757_1141973.jpg




 羊飼いのおじさんと、その息子
c0040757_1142658.jpg


 
[PR]
by charm55 | 2006-01-24 11:43
雪景色
 昨夜、韓国映画『白蘭(パイラン)』のDVDを観ました。このごろはDVDを観始めるとすぐに居眠りしてしまうのですが(トシかしらねぇ。。)、これはちゃんと初めから最後まで真剣に見入ってしまいました。
 原作は、浅田次郎サンの「ラブレター」です。日本でも映画化されたそうで、私はそちらは観ていませんが、原作は何度も読み返し、その度に泣かされました。
 

c0040757_12534252.jpg

原作とは、少しストーリーが違っています。元々原作は短編なので、これをどうやって映画に料理するか、脚本・監督(ともにソヘ・ヘソン氏)の腕の見せ所だったでしょう。
 原作では、中国から来た女の子は水商売に売られますが、韓国映画ではクリーニング店で働きます。そのお店に住み込みで入った夜、水道から流れ出る茶色の水を見て、泣き崩れるパイラン(彼女)に、親近感を抱きました。だって、我が家の水道も時々茶色ですから、ヒトゴトではありません。。
 ちんぴらヤクザの男(カンジェ)は、原作以上に箸にも棒にもひっかからない男に描かれています。特に台所の流しに放尿するシーンは、そこまでやるかなぁ!という感じ。韓国の方が、日本よりドギツイのを好むのでしょうか。。
 しかしリアリティは物凄いものがあり、ついつい引き込まれてしまいます。原作では、浅田作品らしく悪漢は登場しないのですが、ここではカンジェのボスが典型的な悪漢で、見ていてイライラするほど。。でもこの方がむしろ現実的かも知れません。
 

c0040757_1371677.jpg

 中国から出稼ぎに韓国にやってきた、貧しい娘パイランは、滞在ビザのためにヤクザのカンジェと偽装結婚します。しかし彼女は重い結核に冒されていました。クリーニング店で懸命に働きながらも、孤独な彼女は、写真でだけしか知らない『夫』のカンジェにいつしか恋をしていました。覚えたてのたどたどしい韓国語で、彼女がまだ見ぬ彼に書くラブレターは、切々と胸をうちます。

 けれど。。彼女は『私と結婚してくれてありがとう』というラブレターをカンジェに残し、病から死んでしまいます。カンジェはここに至ってようやくパイランに会いにいきます。初めての『妻』との対面が、死体置き場だったとは。。彼女を火葬に付し、残されたラブレターを読んで、男泣きに泣くカンジェ。
 彼は今までの暮らしを反省し、故郷に帰ろうと決意します。
 けれど、自分の殺人の罪をなすりつけようと待ち構えていたボスに、殺されてしまいます。
 首を絞められ、ずるずる引きずられてゆくカンジェ。そのみすぼらしい部屋の床に、倒れた骨壷からこぼれ出たパイランの灰が散らばってゆきます。。。

 配役:カンジェ=チェ・ミンシク(韓国俳優), パイラン=セシリア・チャン(香港女優)
 ◎韓国語、英語字幕。英訳は、よく開かれ、こなれた訳で巧い!けれど、もう少し字を大きくして欲しかったです。。

 (写真。雪景色:撮影GOTOさん)
[PR]
by charm55 | 2006-01-23 13:31
明けまして、おめでとう~♪


謹賀新年ー! 

  (゜▽゜)v(゜▽゜)v o(゜▽゜)o イェーイ!!


c0040757_10411861.gif

(↑新春プレゼント『初夢三点セット』 製作:マコさん)

2006年が皆さまにとって素晴らしくラッキーで幸せな一年になりますように!

 本年も宜しくお願い致しまするンルンルン♪

 今年は戌年ということで…(ココ見てね)
[PR]
by charm55 | 2006-01-01 10:44